JavaScript

Laravel風Node.jsフレームワーク「Adonis」とは?使ってみた感想

Laravel風Node.jsフレームワーク「Adonis」とは?使ってみた感想

「Node.jsを使って開発してみたいな〜」
「AdonisっていうNode.jsフレームワークがイケてるらしい」
「PHPのLaravelのようなフルスタックなフレームワークをNode.jsで使いたい」

そんな思いを持ってこの記事にたどり着いた方もいらっしゃるかなと思います。

今回、僕も初めてAdonisを使ってみました。

Adonisの環境構築や、その使ってみた感想を書いていきます。

Adonisをインストールする

必要要件としてNodeとnpmのバージョンは事前にご確認ください。

  • Node.js >= 8.0.0
  • npm >= 3.0.0

npmコマンドでAdonisのCLIをグローバルインストールします。

npm i -g @adonisjs/cli

 

Adonisコマンドで環境の作成

以下のコマンドでAdonisの環境を新規作成できます。

 adonis new [directory-name]

 

素敵なターミナルが出てきた。

Adonisコマンドでローカルサーバーの起動

指示通り、以下のコマンドでadonisのローカルサーバーを立ち上げてみます。

cd first-adonis
adonis serve --dev

 

いい感じの初期画面が表示されました!

Adonisコマンドでローカルサーバーの起動

Adonisの環境構成

adonis newで環境を作ると以下のようなディレクトリ構成になっています。

ディレクトリ構成
  • app/ → ミドルウェアとモデルの設定ファイル
  • config/ → 認証、通信、データベースなどの設定ファイル
  • database/ → マイグレーション用ファイルなど
  • public/ → 画像などの静的ファイル
  • resources/ → Viewとなるファイル(.edgeという拡張子)
  • start/ → アプリケーション起動時のファイル

僕はもともとPython使いだったので、この構成をみたときは「Djangoっぽいなあ」と思いました。

フルスタックな構成で、必要なファイルは揃っている感じがしますね。

個人的に気に入った機能は以下です。

気に入った機能
  • HTTP周り(cookieなど)の設定が簡単
  • corsの設定が簡単
  • session管理の設定が簡単
  • ミドルウェアをファイルごとに定義できる
  • フロントはViewファイル(.edge)を作っていくだけでOK

あまり深く触れていませんが、ざっと見て触った感想です。

Laravelを使ったことがないので比較しにくいですが、フルスタック系のフレームワークとしては十分な機能が最初から揃っているのかなと。

 

皆さんもぜひ試しに使ってみてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA