docker

ローカルサーバー環境が必要になったのでDockerを触ってみた [よく使うコマンド ]

 

Cloud functions実装してテスト[この記事]してたら、毎回deployしているので待ち時間がもったいなく感じてしまい。ローカルにテスト環境作ろうと思った。でコマンドを整理するためにここに記述していく。

dockerfileの書き方はこちら

イメージ

イメージの作成

docker build -t イメージ名:タグ名 Dockerfileのpath

イメージの削除

docker rmi イメージID or イメージ名

イメージの状態の確認

docker images

コンテナ

コンテナの起動

docker run -d イメージID or イメージ名

コンテナの再起動

docker restart コンテナID or コンテナ名

コンテナ開始

docker start コンテナID or コンテナ名

コンテナの停止

docker stop コンテナID or コンテナ名

コンテナ名変更

docker rename 旧コンテナ名 新コンテナ名

コンテナの状態の確認

docker ps

コンテナの削除

docker rm コンテナID or コンテナ名

ログ

ログの取得

docker logs コンテナID or コンテナ名

コンテナにログイン

docker exec -i -t コンテナID or コンテナ名 bash

-i: 入力受け付ける

t: tty 擬似的な端末

dockerのコンテナに接続してshellコマンドを入力するならつけたほうが良いオプション

参考サイト

https://docs.docker.com/reference/

ABOUT ME
Umatani
株式会社Playground代表取締役。 18歳から国内大手企業にてエンジニアのキャリアを開始。その後、外資企業に約10年間勤めたのち、フリーランスとして国内複数企業のアプリ開発を経験。2018年に株式会社Playgroundを設立。Swiftスクール事業、iOS受託開発、サーバー受託開発、アプリケーション開発コンサルティング等、幅広く活動中。
株式会社Playgroundのサービス

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA