docker

Dockerfileの書き方 [15の命令] ドキュメントを読んでみる[中編]

Dockerfileの書き方 [15の命令] ドキュメントを読んでみる[前半] ← 続き

ENV

環境変数の設定を定義する。

書き方は二つ

ENV キー バリュー
ENV キー=バリュー

ADD

ADD命令はファイルやディレクトリをコピーして、コンテナ内のファイルシステムのパスに追加する。

ADD ローカルファイルorディレクトリパス コンテナの絶対パスorWORKDIRからの相対パス

COPY

COPY 命令はからファイルやディレクトリを新たにコピーして、コンテナ内のファイルシステムのパスに追加する。

COPY ローカルファイルorディレクトリパス コンテナの絶対パスorWORKDIRからの相対パス

 

ADDとCOPYの違い

共通: ファイルを追加できる。

ADD: リモートからファイルを追加できる
COPY: リモートからファイルを追加できない

ENTRYPOINT

コンテナ起動時に実行するコマンドを定義する。

ENTRYPOINT ["echo", "hello world"]

CMDとENTRYPOINTの違い

コンテナ起動時にコマンドを実行する

CMD: 変更可能
ENTRYPOINT: 変更不可(固定)

WORKDIR

WORKDIR命令は作業場所を定義する。

DockerfilenのRUNCMDENTRYPOINTCOPYADD の命令で利用できる。

WORKDIR が存在しないときは生成される。

WORKDIR 絶対パスorWORKDIRからの相対パス

 

残りはまた今度

ABOUT ME
Umatani
株式会社Playground代表取締役。 18歳から国内大手企業にてエンジニアのキャリアを開始。その後、外資企業に約10年間勤めたのち、フリーランスとして国内複数企業のアプリ開発を経験。2018年に株式会社Playgroundを設立。Swiftスクール事業、iOS受託開発、サーバー受託開発、アプリケーション開発コンサルティング等、幅広く活動中。
株式会社Playgroundのサービス
  • 【今なら無料】ノーコードでホームページを作成できるRakwi
  • 【月額500円】Web制作とアプリ開発を学べるオンラインプログラミング講座Upstairs
  • 【月額44万円で開発支援】スタートアッププラン

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA