JavaScript

Next.jsのホスティングはやっぱりVercelが良さそうって話

前回の記事のアンサーです。

Next.jsのSSG(SSR)をCloud FunctionsとFirebase Hostingで動かした話「Next.jsのgetStaticPropsがFirebase Hostingでは動かない...」 「サーバーサイドの処理なので、C...

結局ホスティングはVercelがいいと思った理由

Firebaseはとにかく便利。認証はFirebase Authに任せたいし、NoSQLに慣れているのでFirestoreを使いたい。

だけどSSR/SSGしようと思うと、Next.jsとCloud FunctionsとFirebase Hostingの相性が悪いのか、思ったより表示速度が出ません。

おそらくサーバーサイドでのビルドが、Cloud Functions経由だと時間がかかっていると思われ。

特にSSGは表示速度の高速化が最大の旨みなので、それを活かしきれないのは痛い。

Webアプリ開発の俺的ベスト構成

なので私のベストな構成は今のところ以下のようになります。

アプリ開発のサービス構成
  • 言語:TypeScript
  • フレームワーク:Next.js
  • ホスティング:Vercel
  • DB:Firestore
  • 認証:Firebase Authentication
  • APIサーバー:Cloud Functions
  • ストレージ:Cloud Storage
  • 決済:Stripe
  • メール配信:SendGrid(Firebaseの拡張機能「Trigger Email」も試したい)

皆さんはいかがでしょう?

ABOUT ME
稲垣 貴映
サーバーエンジニア兼Webフロントエンジニア。 新卒で独立系SIerに入社後、金融系システム基盤の構築・運用を3年間経験。 プログラミングを独学していた頃に、CEOの馬谷が開講していたSwiftスクールに通い、2019年9月に入社。 趣味はブラジル音楽の演奏。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA