Swift

【Swift】なぜRealmを使うのか。

そもそも、Realmとは?

Realmとは、iOSおよびAndroid用のクロスプラットフォームモバイルデータベースです。

と言われてもピンときませんよね。笑

簡単にいうと、デバイス(iPhone等)自体にデータを保存しておくことができるデータベースです。

Realmは完全に無料で利用できることと、データ量が増えてもパフォーマンスへの影響が少ないことから多くのアプリケーションに使われています。

なぜRealmを使うのか

さて、ここからが本題です。

Realmはデバイスにデータを保存しておくので通信が発生しません。

したがって、オフライン環境でもデータへのアクセスができてしまうわけです。

ToDoアプリなど個人で完結する場合はRealmだけでアプリを作れそうですね。

しかし他人とデータを共有したい場合は、どうしても外部のデータベースを使わなくてはなりません。

そんな時は、外部データベースと併用して使います。

Realmでキャッシュを作る

外部データベースから取得したデータをRealmに保存しておけば、

もう一度表示したい時に再度データベースからデータを持ってくる必要がなくなりますよね。

よくWebサイトを見ている時に一度訪れたページは読み込みが速いことがありますよね。

それは「キャッシュ」が残っているからなんです。

それと同じように、Realmに一度読み込んだデータを保存してキャッシュを残しておけば、毎回の通信量を大幅に減らすことができます。

外部DBとの差分をとる

キャッシュからデータが取れるとはいえ、外部のデータが更新されていたらRealmとの整合性が合わなくなってしまいます。

そこで、データを取得する時に全てを持ってこようとするのではなく、Realmとの差分、つまり新しくなった部分のみを持ってくればいいわけです。

必要なデータ通信の量を削減するために、外部データベースの補助的役割としてRealmを使用する。

これが最近主流の方法みたいです。

ABOUT ME
伊原 萌夏
スクール担当 兼 iOS(時々Web)エンジニア。 2019年7月に大学を一年半で辞め、大学とは別で勉強していたプログラムの世界で生きていくことを決意。翌月8月に入社。 主にSwiftのスクールを担当。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA