Swift

【Xcode触りたての方必見!】ショートカットでインデントを一括で整える方法+Xcodeで設定されているインデントの変え方

こんにちは、株式会社PlaygroundのiOSエンジニア後藤です。

Xcodeにようやく慣れてきたかなという方に必見です!

import UIKit
class ViewController: UIViewController {
var indent = false
    override func viewDidLoad() {
                        super.viewDidLoad()
                                // Do any additional setup after loading the view.
                print("インデント")
    }
        @IBAction func touchedButton(_ sender: UIButton) {
                            let vc = SecondViewController()
                    navigationController?.pushViewController(vc, animated: true)
    }
}

 

こんなインデントの開け方はまずないと思いますが、

流石にこれを再度確認する際は読む気が失せます。

コードの読みやすさは間違いなく作業効率に影響します。

インデントなんかと思っている始めたての方々、一人で開発しているから自分だけ読めればOKと考えている方々、必ず詰まる箇所が出てくると思うので、ここで矯正しましょう!

インデントを一括で揃える

[control + i ]

カーソルを動かして、インデントを揃えたい箇所で上記のキーを打つだけです。

一括でファイル全てのインデントを揃えたい場合

[command + a]  -> 全選択 + [control + i]

上記のショートカットキーを押していただければ、全てXcodeで設定されているインデントに変わるはずです。

Xcodeのデフォルトだと4に設定されているかと思います。

では、このデフォルトの4を変更してみましょう。

Xcodeの設定されているインデントの変更

1, 上のタブのXcodeのpreferencesを選択しましょう。

2, 上部画像の数字の順に

2-❶  TextEditing

2-❷ indentation

2-❸ TabWidthとindent Widthを任意の数字に変更していただければ、変更完了です。

あとは自分の好みのインデントに合わせてみてください!

ABOUT ME
goto
海外事業担当兼iOSエンジニア。 元々海外に行くことが好きで、海外で知り合った方に、CEO馬谷の話を聞き2019年2月に株式会社Playgroundに入社。 今も海外での生活、海外での仕事に憧れている。 今個人的にプライベートで行きたい国はイスラエルとポーランド。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA