Swift

CollectionViewCellのサイズ調整

はじめに

CollectionViewのCellって、TableViewと違ってそのままだとAutoLayoutが反映されませんよね。

CollectionViewにAutoLayoutを反映させるのは、実は簡単なんです!

「CellのサイズをLabelの文字数によって可変にしたい…」

「画面の半分の大きさのCellを表示したい…」

こんなお悩み、この記事で解決です。

AutoLayoutでCollectionViewCellのサイズを調整

必要なのは以下の3ステップです!
※CollectionViewCellが表示される状態から始めています。

  1. CollectionViewFlowLayoutの接続
  2. 初期サイズの設定
  3. AutoLayoutの実装

1. CollectionViewFlowLayoutの接続

まずは、CollectionViewを設置したClassで、CollectionViewFlowLayoutをコードに紐付けます。

2. 初期サイズの設定

接続したCollectionViewFlowLayoutを使って、Cellの初期サイズ(estimatedSize)を指定します。

これを指定するだけで、AutoLayoutが反映されるようになります。

collectionViewFlowLayout.estimatedItemSize = CGSize(width: 20, height: 20)

 

この初期値は、AutoLayoutを設定した場合そちらが優先されるのでxibファイルできっちり制約をつけるのであればテキトーな数字で構いません。

ただ、制約をつけるときに数字で指定してしまうとレスポンシブに対応できません。(同じiPhoneでも、機種によってかなり大きさが異なるので気をつけましょう。)

そんな時は、下記のようにCollectionViewのサイズを画面いっぱいにして、Cellをその2分の1のサイズにする、というように割合で指定すると良いです。

 collectionViewFlowLayout.estimatedItemSize = CGSize(width: collectionVIew.frame.width / 2, height: collectionVIew.frame.height / 3)

 

3. AutoLayoutの設定

xibファイルで制約をつけます。

CollectionViewCellのサイズはレスポンシブを意識して画面やCollectionView自体の大きさに対する割合で指定することが多いです。

そこを踏まえて、Cellに載せるパーツにも制約をつけましょう。

おまけ

CollectionViewFlowLayoutを使って初期サイズを指定する方法をご紹介しましたが、初期サイズではなく普通にサイズを指定したい場合は下記のように「itemSize」を使って記述します。

collectionViewFlowLayout.itemSize = CGSize(width: collectionVIew.frame.width / 2, height: collectionVIew.frame.height / 3)
ABOUT ME
伊原 萌夏
スクール担当 兼 iOS(時々Web)エンジニア。 2019年7月に大学を一年半で辞め、大学とは別で勉強していたプログラムの世界で生きていくことを決意。翌月8月に入社。 主にSwiftのスクールを担当。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA